スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

嫌々している様々な事

2009.09.17 *Thu
どうして、ダンナのことがこんなに腹が立つのか、考えていた。

人のことなら、自分の今の環境は絶対に怒るだろう。
でも、自分のことは怒れない(笑)

たぶん、普通に怒ることが恐いから。
それは、怒るともうその関係が終わるから、という思い込みと、いつでも自分の方に非があるように感じるからだ。

それから、いろいろと考えていた。
でも、怒るなら怒るで、普通にそれを言えばいいんじゃないかと思った。
「どうして、あんな態度とるの?」とか、まあ、いろいろ。
ただ、そうすると、自分の頭の中で完結してしまう。
こう言ったなら、ああ言ってきて、こんな風に答えたら、こう怒られるだろうと。
そうすると、いえなくなって、うむむむ、という気持ちだけ残る。

そうすると、結局は同じところをぐるぐると回っているだけになるのは嫌なので、もっと考えた。
「こんなにしんどくなるというのは、こちらの考えが間違っているのだろう。でも、自分のほうの考えが間違っているのなら、どこが間違っているのだろうか。最近ネットで読んだ土橋重隆さんというドクターが、ガンを治すなら、生き方を(マイナーチェンジ)じゃなくて(フルモデルチェンジ)じゃないとダメだと言っていた。私が出来ないのは、怒ること。怒るということで、フルモデルチェンジになるのだろうか。…う~ん。でも、それもよくよく感じてみると、自分というものがあるから、怒っているのだ。」と。

「どうして自分がこんな弁当、朝から作らないとダメなんだ」とか、「車を出すのに、シャッターを下ろすのに、わざわざ帽子をかぶって、下に下りるのも面倒なんだけど」とか、いろいろ嫌なことが多い。

もちろん、お弁当を作るのも、ありがたいという気持ちもあるのだ。
こうして作れる間は、つくっていたい、と思っている。
それがもし、ダンナじゃなく、子供の為なら、こんなに愚痴も言ってないだろうに。
そこに、「私が」が邪魔をしてくるのは、なぜだろうと。

そこで、昨日布団に入っているときに、ふと思ったのだ。
嫌々しているから、嫌なんじゃないか、と。

淡々としている人は「それができるから、そうしている」だけで、私の場合、嫌だっていう思いがあるから、しんどいんじゃないかなと。

もちろん、怒ってしまうこともいいと思う。
きっと、自分が嫌々しなくなれば、普通に怒れるんだと思う。
なぜなら、もう犠牲者の立場にいないから、怒れるんだ。
今怒れない理由は、多分、いろんなことを我慢してやっているという思いこみだ。
やらなきゃいけないことを、普通にすればいいだけで、何も嫌々することはないのだと思った。

なので、しばらくは、嫌々することはしないでおこうと思う。
嫌だな、と思った時は、ただじっとして、その感情を動かずに、みつめようと思った。
消えるなら消える、消えないなら、消えない。どちらでもいい。
でも、嫌々することだけはやめようと決めた。
嫌々してもらっても、誰も嬉しくないし、だからこそ、ずっと腹に溜め混んでしまうのだ。

ということで、今日はお弁当は作ったけど、シャッターは閉めに降りてない。
だって、頭がいたくて、左手に力が入らない私が降りなくても、ダンナにも手はあるのだ。
しかも、ちゃちゃっと動けれる。
車から一度降りなくてはいけないけど、私が階段を下りるよりも早いのだから。
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

何でもできる、という思い込み

2009.09.17 *Thu
身体が不自由だ。
と書くほどでもないが、左手にまったく力が入らない。
二度ほど痙攣をおこしてからだ。
一度目は、先週の月曜日、洗濯物をしている途中で、左手が2分ほど痙攣した。
二度目は今週の月曜日の夜。
子供と二人きりのときに、5分ほど左手が痙攣した。
痙攣しているときは、本当に何にもできずに、驚くだけだった。

子供も驚いていた(苦笑)
驚きつつ、タオルを絞って、電子レンジにいれ、温タオルをつくってくれた。
だた、収まってからは、しばらく「つかれた~、びっくりした~」といって、へたばっていたが…。

そして、2週間ほど続く偏頭痛。
動きたくても、思い通りに動けない。
今までは、なんなくできていたことが、ものすごく大変なことだと知る。

そうなんだよなあ、と思う。
今まで、自分で、自分の力だけで、何でもできていたように思うけど、本当はそうではない。
箸を持つのも、ゴミを捨てるのも、パートに出るのも、自分の力じゃないということがほとほと分かった。

「何でしないの?」「できないっていうても、しないだけなんじゃないの?」と思っていたが、そうではなくて、本当にできないのだ。
それは、物理的に身体のこともあるだろうし、精神的にやりたくてもできない場合もある。
見た目から無理そうなら人は何も言わないけど、どうみてもサボっているしか見えなくても、それはできないのだ。
しなきゃなと思っているのか、思っていないのか分からないけど、しなきゃいけないことができないという意味では同じだと考える。

そう思うと、自分で選べることなんて、本当に無いんだなと思う。
自分で自分の感情もままならないのだから。
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

なんだかんだいって、なんとかなりました

2009.09.05 *Sat
今週は、予約していたCT撮影&内科&放射線科をキャンセルし、鍼もキャンセルし、行く交通費が出ないからといって、個人のめい想を教えてくださるところもキャンセルし、おうちで大人しくしていたからか、なんとか過ごせました~。

よかった~~~。
安心した~~~~~。

また来週のことは、来週考えよう。
とりあえず、収入の予定もわずかだけど、あるしね。うん。

それより、今日、↓これにいってきました。

chirasi

ダンナが出るから、なんとか、ちびすけをつれていくだけの交通費と、お昼代は確保しておいたので。

ただ、昨日から体調を少しくずしていたので、それがしんどかったかな。
自分一人だと、好きなように動けるから、あとから考えると結構動けたなというのがあるんだけど、ちびすけをつれていくとなると、なんとなく気が張るのか、この時間でもうクタクタです。

とにかく、お風呂に入って、寝ます~。おやすみなさい。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

「論より証拠のガン克服術」

2009.09.01 *Tue
この間、書店で手に取ったけれど、買わなかった本だ。
結局、図書館で借りて、読みました。

hon

読んだ感想としては、やはり、そういうことなんだな、と確認できた。

食事療法、運動(散歩や気功、ヨガや、まあ体を動かすこと全般)、それと心のもちようで、長期生存者になっておられる方が多い。

昨日、どうしても気になって、この本を書かれているNPO法人「いずみの会」に電話をした。
なぜなら、周りにはガンを克服した方がいないからだ。
病院での友達や、知り合いの中だと、どうしても三大治療に頼ってしまっていて、治療→少し落ち着く→今までと同じ生活なので、ガン体質は同じまま→結局、また再発→治療…というエンドレスの輪の中で、ぐるぐると回っているだけの話しか聞けない。
回復された方と、お話がしたかった。

電話をしてみて、とてもよかった。
本当に、元気になられている方の生の声を聞くことができたからだ。
今、書店には三冊目の新しい本が並んでいるらしい。
「ガンがゆっくり消えていく 再発・転移を防ぐ17の戦略」という本が出ているので、それを読んで、より納得されて、ご縁があったら、「いずみの会」にご入会くださいとのことだった。

まずは、読んでみようと思う。

でも、購入するのは来週以降だな。
今週は、ダンナの資金繰りがうまくいかなくて、ほとんど食費も貰えず…。
子供のお昼は給食が今日から始まったので、よかったと安心しているが、毎日のダンナのお弁当&家族三人分の晩御飯が悩みのタネだ(苦笑)

結局、木曜日に予約していた、内科&放射線科&CT撮影は、お金がないという理由で、キャンセルした。
ただ、婦人科の担当の先生が4日まで休みを取っているそうなので、まだその理由を伝えることが、できないままだけど。

CTを撮ることには、若干のためらいがあったので、正当な理由ができて、ある意味、よかった。
お金がないのに、「来てください」とは、たとえ腫瘍マーカーが上がっているとはいえ、病院の先生も言いづらいだろう。
結局、CTを撮って、どこにガンが新たに出来ていようと、治療を受ける気がないのだから。
そういう気持ちでいるということプラス、実質、今、家がそういう状態なので、治療というか入院なんて、とてもじゃないがしていられない。
ダンナは、働きにいってくれているが、外に働きにいくと、家のことはまったく出来なくなるタイプだ。
外でのストレスがたまるのだろう。昨日も、家にはお金がないけれど、ダンナには一週間の経費&おこずかいの一万八千円は日曜日に渡してあるので、その中から、温泉のある銭湯にいってきていた。
まあ、入浴代は300円程度の子供のおこづかい程度なので、うるさくは言いたくなかった。

でも、家計状態を知っていて、行くんだなとは思った。
300円でも助かるんだけどな、といいたくなったが、言わなかった。
ただ、冷静に、現実だけを見ようと思った。
そうすると、そういう人なんだなと、思えた。
自分のためのビールとかは買うけれど、その時に一緒に、子供のおやつを買ったりすることをしたことがない人なのだ。

食費は、家にある小銭を集めたり、今日は古銭(家の中に、居場所がなく、転がっていたもの。昔、親戚の人からもらったものだと思う)を売りにいったりして、なんとかしのぎます(笑)

でも、土曜日は、ダンナの組んでいるバンドのライブがあって、子供をつれて、見に行く予定なんだよね~。
舞台にたっているところを、子供には見せたいそうだ。
私たちの交通費は、どこから出るのだろうか。謎だ(爆)
それより、私の体調がよかったらいいな、と思ってます。野外だそうなので。
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

寒くなったら。

2009.08.28 *Fri
この靴下をつくろうと思う。

kutusita

ハンドメイドで、分厚い靴下。
「手づくりしたい!ナイトウエアと小物」成美堂出版というところから出ている本です。
図書館で、借りました。
COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 涅槃へGO! All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

Author:eri
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。